芸術教育の意義と目的

 

3月の初め

知人からの素敵な言葉をいただき

今月は

何度も読み返しています。

 

私たちがこどもたちに伝えていきたいこと。

とても通ずるものを感じています。

=================

 

美しいものをこよなく愛し
美しいものをじぶんの力でつくりあげる
その喜びがわかる子どもたち

みにくいものをこばみ
みにくいものを美しいものにかえていく
その心と力をもった子どもたち

自分たちのまわりをより美しく
より正しく
より深く見つめる心と力をもった子どもたちに
育ってほしい

これが”芸術教育”の意義と目的である。

=================

 

言葉でいつも癒され励まされる分

時には言葉で殺されそうになることもあります。

だからこそ

たくさんの素晴らしい言葉を見つけて

そして伝えていきたいと感じます。

images (1)

ご縁はつながります♥

今日はプチたねさんクラス水曜日クラスのラストデーでした。

今期はなんと

プチたねさんクラスが4クラスも開講という

これまでにない赤ちゃんがいっぱい!で

幸せな秋~冬リトモをすごしたさっこ先生です。

 

水曜日のメンバーは

4月からお仕事復帰のママと

7月からお仕事復帰のママ。

こんな赤ちゃんとの幸せな時間も

あと残り少ないと

毎週の貴重なこの時間を振り返りました。

 

最後にSちゃんママが

「咲子先生が少し前に書いていたブログ読みました。

私も7月から復帰するにあたって、すごく悶々としていたことを

書かれていたので、やっぱりリトモに通うこの時間を大事にしたいと感じました」

ということを話してくれました。

 

きっとリトモは

子のためでなく

母のため。

ということでもあるんですよね。

 

 

母になる時間を忘れない。

リトモを退会したとしても

その気持ちを持つことが大切だと

伝え続けています。

 

「パパからNGが出たので・・・」

と残念そうにはなしてくれたSちゃんママ。

パパが娘に思う気持ちもありますので

そこも大事にしつつ

きっとまた

必要な時がきたら

是非戻ってきてくださいね。

いつでも待っていますよ。

 

また

近くですので

Ritmo+の企画も

お気軽に参加してくださいね。

 

あっという間の幼児期。

振り返りがなければ

きっといつの間にか

過ぎ去ってしまうだろう毎日です。

 

でも毎週リトモで振り返りと

我が子との充実した50分を過ごすことで

日常の忙しさも

全部リセットできるんです。

 

そして

我が子の

我が子らしさが

よくわかるようになるんです。

 

どうぞ

その時間を

今を

大事にしてくださいね。

 

images

 

 

お誕生日おめでとう

今日はリトモのお誕生日。

12歳になりました。

朝、

「今日リトモの誕生日なんだよ」

と話すと

息子が

「12年もやってるの~えらいね」

と一言。

あなたが生まれる前から

リトモははじまり

あなたたちが生まれたからこそ

これからも

ずっとずっとやっていきたいという想いも

うんと大きくなりましたよ。

もう12年じゃなくて

まだ12年。

これからも

ずっとずっと続けていきますよ。

リトモっ子たちがつないでくれることを夢見て

いつまでもジャンプできる身体作りをしていますよ。

 

 

昨晩、

オープン当初に一緒にリトモを作ってくれた友人から

「リトモ。お誕生日おめでとう!」

と、メールが届き

とっても嬉しかったぁ(^.^)

 

 

毎年

初心にかえることを忘れずに

原点を振り返ります。

そして

必ずケーキを買うことと

そしておいしいビールで乾杯する。

ってことを心がけている

3月21日。

3・2・1・ゴーーーーーーーーーーー!

で始めよう。

と、この日に決めてから

走り続けていますが

きっとこれからもずっとです。

 

 

また新しい12年目のリトモもよろしくお願いいたします。

images

 

 

 

新年度準備

貴重な連休。

ゆったりと

おうちの掃除をしたり

教科書やプリントの整理と

各自の机の上を整理整頓!

新年度のお買いものをしたりと

いい休日を過ごしています。

 

 

買い物に行く途中

車の中で

息子が

「やっぱりさ~こうやってお父さんとお母さんと4人でお休みの日を過ごすことが一番楽しい!」

そういう何気ないコメントに

お父さん

うるうる~~~。

旦那も疲れているさぁ~

癒さんとね~

といいつつも

私もいろんなことで頭いっぱいだからこそ

掃除は一番心が浄化されます。

 

 

 

今年の春休みは

あっという間に準備期間なく終わりそうなので

新年度準備を終えることができました。

6b3d4ffc-s

 

 

ハエと輪ゴム

「え~輪ゴムあるか~」

小学校からガキ大将だった友人がいった。

「何するの?」

「ハエがいる」

?????

「ハエは輪ゴムより早くとべんばーよー(沖縄風)」

?????

そういって

彼は

輪ゴムでハエを打ちとめた。

すげーーーーーーーー!!!

 

ダウンロード

 

 

 

お母さんな時間を

今日はプチたねさんステップ2クラスのラストレッスン。

赤ちゃんでも

ラストデー

がわかるんだね。

本領発揮。みんな見せてくれました。

 

 

はじめた頃は

小さな小さな赤ちゃんだったみんなが

この6か月で

ここまで成長するんだなぁと

しみじみ。

 

 

赤ちゃんってすごいね。

それにつきます。

 

毎週こんな成長が見られたよ~

と、報告しながら

わが子のことを嬉しそうに振り返るママたち。

 

きっとこんなこともなければ

ただただ毎日が過ぎていくばかり。

なので

赤ちゃんのためっていうより

私のためにリトモに通っていたんだと思います。

 

そう話してくれたママたち。

 

 

4月から早くも仕事復帰になるママたちと

入園が決まっている赤ちゃんたち。

 

ほんとに数年前までは

2、3歳まではゆっくり育休とりながら~とか

仕事辞めて、また落ち着いてから始めます~とか

そんな時代から

今は

生まれてからすぐに

「園選び」を考えるママたち。

 

 

この流れは、時代といえども

国に訴えたい!!!

といつも吠えてしまいます。

「お母さんになる時間を奪わないでほしい」

 

 

 

赤ちゃんを産むということは。

共に育むということ。

0歳

1歳

2歳

と、ゆっくり日々の成長を感じることで

私たちも母になっていくんです。

 

だからこそ

お母さんな時間を

過ごすことって

とても大切なことなんです。

 

 

だからといって

仕事をするなとはいいません。

 

時代の流れで

赤ちゃんの時から園に預けることが

当たり前になりすぎていることが

ちょっと問題かなと思ったりします。

 

赤ちゃんを預けることは当たり前。

ではなく

せっかくのお母さんとの時間を

赤ちゃんも外で頑張っているんだということを

絶対に忘れないでほしいなと思います。

 

毎日、帰宅してからの

ほんのひと時。

ゆっくり抱っこをしたり

ゆっくりお風呂に入ったり

ゆっくり絵本を読んだり

ゆっくり食事をしたり

そんな向き合う時間を

忘れないでほしいと思います。

 

 

こどもを産んで母になるのではなく

わが子との時間を通して母になっていくんです。

 

 

「親子になろう。親と子らしくなっていこう」

これがやっぱりテーマです。

 

DSC01463_R

誰ね~泣かしたの~

 

昨年の冬リトモで

プチたねさんクラスのなかま入りをした

双子のTちゃん・Aちゃん。

パパのお仕事復帰に伴い

リトモを卒業しましたが

今日は久しぶりに

パパのお仕事お休みがとれたとのことで

遊びに来てくれました。

 

一か月半ぶりのTちゃんは

あんなにね~

ってくらい

さっこ先生を見ると号泣。

「あんなに長い付き合いだったのに~はいはい~」

と抱っこすると

さらに号泣。

この間よりも

大声を張り上げて泣きました。

 

「だ~もう。さっこ先生のこと忘れていないんだね~嬉しいさ~」

と抱っこすると

身体がよじれるほど

号泣。

 

もうかわいすぎるくらい

泣きました(^O^)

 

 

クラスのみんなとも1か月半ぶりで

みんなで

お互いに

「大きくなったね~すご~い」

と、和みまくりの時間でした。

 

はぁ。

今日は朝から幸せ続き。

思わず

今日は

「何の日だ?」

と思うほど(^_-)-☆

 

 

幸せをはこぶ

TちゃんとAちゃんに

会えたからだろうなぁ。

今日は本当に来てくれてありがとう。

 

「さきこ保育園」

いやいや

「リトモ保育園」

ができたら

一番に園バスで迎えにいくぜい!

 

 

いつ会っても

”さっこ先生と会うと号泣”

の挨拶でね。

 

DSC02042_R DSC02044_R DSC02046_R

 

 

俺の経験

火曜日かるみあさんの

すてきな三人組の久しぶりの日記(^○^)

 

 

「ほんとだぜー200%そうなるぜ!」

そういって階段からあがってくる二人の声。

「俺赤ちゃんの時に経験したから絶対そうだぜ!」

なになに・・・?!

耳を澄ましてきいてみました。

 

Nくん「ガムを飲みこんだら絶対にお腹こわすぜ。気を付けた方がいいよ」

てなお話を

ガムを噛みながらはなすNくん。

一生懸命に聞いている様子のないIくん。

かみ合っているのか

かみ合っていないのかは

定かではありませんが

Nくんの言う

『俺は赤ちゃんの時にガムを飲みこんだらお腹をこわした』

という自信満々な結論に

大人大爆笑。

もちろんこっそりと大爆笑。

 

俺の経験。

は本物だと思います。

ですが

”赤ちゃんの頃”

というのが

私たちにとっての赤ちゃんの頃は赤ちゃん。

でもNくんにとっての

赤ちゃんの頃という表現が

いつの頃なのかはわかりません。

 

 

なので

こんどじっくり聞いてみようと思います。

 

”俺の経験”

経験に勝るものはない!

(^0_0^)

DSC01620_R

 

 

 

 

 

 

 

 

火曜日かるみあさんとのレッスンも来週がラストです。

今日もそれを考えるだけでうるうる~のさっこ先生。

かるみあさんクラスもみんな

小学生に向けて大きな大きな成長を見せてくれています。

DSC01623_R

 

 

シンプルな質問

「おかあさん。

どろぼうはさ、指紋がつかないように手袋するんだよね。

じゃあなんでどろぼうするの?」

 

 

悪いことってわかっているのに

なんで

悪いことするの?

 

という

いたってシンプルな質問だったのだろうけど。

 

 

感謝する心って

いつどこで学ぶんだろうね。

泥棒する心って

いつどこで知るんだろうね。

 

 

 

 

こどもなりに

いたって

シンプルな質問に

とても考えさせらた

一瞬でした。

images (2)